審査が甘いとか厳しいとかって、どこが違うのか教えて下さい

今月は友人の結婚式が重なっていて、かなり厳しい経済状態です。ボーナスまでまだちょっと有るので、キャッシングを考えています。ただ、キャッシングの申し込みをすると融資が受けられるかどうかの審査がありますよね?A社は審査が甘いとか、B銀行は厳しいとか、耳にしたと事があります。どのように違うのか教えて下さい。

キャッシングの審査の「甘い」「厳しい」は噂の範疇

審査に通った人は「ああ、ここは審査が甘い金融会社だったのだ」と思う人もいるでしょうし、審査に落ちた人は「ここは厳しいなぁ」と思う人も居ると言う事です。審査の基準を公開している消費者金融会社や銀行は無いので、何処に違いがあるのかも一概には言えません。「A社では借りられたけど、B社ではダメだった」と言う人も居れば、「A社では審査落ちしたけど、B社では融資が受けられた」と言う人も居る訳です。

申し込み資格が有り、返済能力に問題がないと判断されれば、消費者金融会社や銀行から融資を受けられる事出来ます。返済能力に関しては、申込書に記入された年収だけでなく、収入証明を必要とする場合もありますし、健康保険証の提示を求め、保険証の種類から勤務状況を確認する場合もあります。また、勤務年数や居住年数は長い方が有利とされていますが、新入社員を優遇視して融資を行う会社もあるようです。

キャッシングの審査通過に一番大切なのは、ウソ偽りなく正直に申告する事です。融資を受けたいからと言って、年収を多めに申告したり、他社からの借り入れを少なめに申告する人が居ますが、これは逆効果です。直ぐにバレて、逆に不利に働きます。

どうしてもお金が必要な人の為の審査が甘いカード会社の知識

どうしてもお金が必要な人の為の審査が甘いカード会社の知識について、まず審査が甘いカードローン会社を探して選ぶ方法には、二種類の探し方・選び方がある事を知っておいて下さい。まず一つ目方法は、とにかく審査が甘いカード会社を探したいというのであれば、審査が甘くなる分だけ利息は少し高くなる事を予想しておきましょう。それにほかの項目も甘くなる分だけデメリットも増えるという事は知っておいてください。

その為に返済方法や借入限度額などの制約も多くなって、その分、使い勝手が悪くなるという事も予想されますので、その事を知った上で返済方法と返済手段を考えながら、これならいけるという見通しを貴方が判断してカード会社を選べばいいでしょう。つまり基準が甘くなる分制約も受ける事を知った上で利用するという方法です。

次に、二つ目の方法は審査の全ての項目ではなく審査基準の中の特定の項目の審査が甘いカードローンを探すという方法です。たとえば、あなたがアルバイトで収入が少ない場合、収入という面で不利かもしれません。そんな場合でもアルバイトでもキャッシングができるという審査基準のカード会社に申し込めば、他の項目が緩くなくても審査に合格できるのであればその方がいいわけです。

あるいは専業主婦の場合にキャッシングをする場合、通常は配偶者の同意が必要ですが、銀行系の中には配偶者の同意を必要としないカードローンもあります。要するにクリアして借りる事が出来るのであれば、最初から基準をクリアしている他の項目まで一緒に緩い基準を選ばなくていいのです。

別の言い方をすれば、特定の項目だけ審査基準が緩くなっていて、それが貴方の不安要素を解決してくれるでしたら、それ以外のな要素は、あえて基準が緩いカードを選ぶ必要はないのです。つまり特定の項目だけ緩いカードローンがあれば項目ごとにチャックして、少しでも緩い基準の項目を減らすという考えでカード会社を選ぶというのも賢い選び方と言えます。

いずれにしても、基準が緩い分だけ、なにか利息や返済に多少のデメリットが増えるという事を知っておいて、申し込み時、あるいはキャッシングに置いて、むやみやたらに基準を甘くするのは考え物ですから、デメリットの程度をしっかりと確認しながら借りるようにしたいものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ※在籍確認不要※利用者多数!即日融資カードローン一挙紹介 All Rights Reserved.