専業主婦でも借入が出来る金融会社って本当にあるんでしょうか?

専業主婦って家計を預かっている訳だから上手くやりくりしなくちゃいけないんだけど、春先はどうやってもやりくり出来ない時が有るんです。子どもの進学だけでなく、親戚の子供の進学祝いもしなくちゃいけないし、夫の部下の結婚式なんてのも有ったりして…。定期貯金を崩したいなんて夫に言ったら嫌がられるのは解ってるし…専業主婦でも借入が出来る金融会社も有ると聞きますが、本当に有るんでしょうか?

専業主婦でも借入が出来る処、本当に有りますよ

消費者金融会社だと、融資申し込み資格として「安定した収入」を上げている会社ばかりなので、まず借入は不可能です。これは貸金業法の「総量規制」と言う法律の中で「融資額は年収の3分の1までとする」と言う規制が有る為で、収入が0円の人への融資は3分の1にしても0円なので、融資自体を行えないからです。(参照サイト→※アイフルよりも優良な会社をお探しの方は一度、ご覧ください。)ですが、銀行の個人向け融資商品への申し込み資格には「安定した収入」と言う項目は有りません。「専業主婦にも融資を行います」と明記している銀行は多く有ります。今は地方銀行や信用金庫も専業主婦も対象とした融資商品を置いている銀行は多々あるので、取引先銀行に相談してみるのも良いでしょう。

ただ、専業主婦が融資を受ける場合は、限度額の上限が低く設定されていたり、配偶者の同意が必要な場合も有ります。申込みに必要な書類も銀行によって違いますので、申し込む前にホームページやパンフレット等でチェックしてみると良いでしょう。

専業主婦借入が難しいと思っている人の為の耳より情報

専業主婦で借り入れができるのかという事についてお話ししたいと思います。カードローンでキャッシングする場合、個人の環境で考える時に専業主婦と言うのは、ちょっと特殊な立場だという事が出来ます。なぜ特殊なのかと言うと、まず信用という意味では、夫婦ですから配偶者の返済能力という信用があります。

ところが、この場合は配偶者の同意が必要で配偶者の同意のない場合は返済能力が無いという事になります。そして専業主婦ですから自らの安定した収入はありません。だから、専業主婦の方の場合で借り入れをしようとする時は自分の意志だけでは借り入れが厳しいという事になります。

ですから専業主婦の方が借り入れをしたいと思っているのに配偶者が同意してくれないケースは十分予想されます。配偶者が同意してくれない理由は様々でしょうがとにかく借り入れは厳しくなります。また配偶者に内緒で借りたい場合も、同意をしてくれていないのと同じ状態です。

その状況で、専業主婦が借り入れる事が出来るのでしょうか?その場合は銀行系のカードローンで「配偶者の同意書がいらないローン」のある銀行のカードローンを利用すれば、専業主婦の方でも借り入れをする事が出来ます。

勿論、全ての銀行系ではなく、「配偶者の同意のいらないローンという」条件の場合に限ります。その場合は、ご自身の身分証明書があれば、配偶者の収入を申告して借り入れOKというカードローンを使えば可能です。また消費者金融会社の場合は専業主婦の場合、配偶者の同意が無ければ、借り入れは厳しい状況になっています。というかまず借り入れは期待できないでしょう。

審査は銀行系の方が厳しいのに、専業主婦の場合は銀行系の方がOKで消費者金融の方はダメと言うのは一見反対ではないかと思いがちですが、これは2010年に、借り過ぎを防ぐという目的で年収の3分の1以上は借り入れが出来ない「総量規制」という法律が出来た為です。

その総量規制については、銀行からの借り入れの場合は総量規制の対象外になるのです。その為に銀行系のカードローンの中には、配偶者の同意書が無くても借り入れができるカードローンがあるという事で専業主婦の方でも借り入れが可能なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ※在籍確認不要※利用者多数!即日融資カードローン一挙紹介 All Rights Reserved.